1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約4割の学生が、11月に志望業界・企業・職種などの方向性を固める =マイナビ調べ=

2020年12月17日

約4割の学生が、11月に志望業界・企業・職種などの方向性を固める =マイナビ調べ=

マイナビは16日、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生・大学院1年生3912人を対象に実施した、「マイナビ2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(11月)」の結果をまとめ発表した。


それによると、22年卒業予定の大学生・大学院生に11月に参加したインターンシップの開催形式を聞いたところ、「WEBのみ(対面なし)」が69.9%、「対面のみ(WEBなし)」が21.9%、同プログラム内で「対面とWEB」の両方があったのが20.9%だった。引き続き、多くの学生がWEBによるインターンシップに参加しているようだ。

インターンシップの形式についてWEBと対面のどちらがよいか聞いたところ、「WEBがいい」、「どちらかというとWEBがいい」と答えた学生が合計で29.9%だった。

一方、「対面がいい」、「どちらかというと対面がいい」と回答した学生は合わせて46.8%で、対面形式でのインターンシップを望む学生の方が多いことが分かった。地域別でも、対面形式を望む学生の割合が上回った。

WEB形式のインターンシップで満足度が高かった学生からは、「学生側から質問できる環境があった」や、「企業の雰囲気がわかる工夫があった」という旨の意見が多く見られた。

反対に対面形式のインターンシップでは、「人事以外の社員や会社の雰囲気が分かった」などの意見がある一方、「オンラインでも十分まかなえる内容だった」など、コロナ禍にあえて対面形式で実施されたにもかかわらず、内容が伴っていなかったという意見も見られた。

また、現在の就職活動の状況について聞いたところ、「就職活動の方向性(志望業種や企業、職種、大事にしたい価値観など)が固まった」と回答した学生は38.5%で、調査を開始した6月と比較するとおよそ2倍になった。企業へのエントリーに向けて準備が整った学生が増えてきていることが分かる。

この調査は、「マイナビ2022」の会員で、2022年3月卒業見込みの全国の大学生・大学院生を対象に、11月20日~30日にかけて、WEBアンケートの形で実施。有効回答数は3912人で、内訳は文系男子676人、理系男子1768人、文系女子637人、理系女子831人。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス