1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約4割の学生が、11月に志望業界・企業・職種などの方向性を固める =マイナビ調べ=

2020年12月17日

約4割の学生が、11月に志望業界・企業・職種などの方向性を固める =マイナビ調べ=

マイナビは16日、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生・大学院1年生3912人を対象に実施した、「マイナビ2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(11月)」の結果をまとめ発表した。


それによると、22年卒業予定の大学生・大学院生に11月に参加したインターンシップの開催形式を聞いたところ、「WEBのみ(対面なし)」が69.9%、「対面のみ(WEBなし)」が21.9%、同プログラム内で「対面とWEB」の両方があったのが20.9%だった。引き続き、多くの学生がWEBによるインターンシップに参加しているようだ。

インターンシップの形式についてWEBと対面のどちらがよいか聞いたところ、「WEBがいい」、「どちらかというとWEBがいい」と答えた学生が合計で29.9%だった。

一方、「対面がいい」、「どちらかというと対面がいい」と回答した学生は合わせて46.8%で、対面形式でのインターンシップを望む学生の方が多いことが分かった。地域別でも、対面形式を望む学生の割合が上回った。

WEB形式のインターンシップで満足度が高かった学生からは、「学生側から質問できる環境があった」や、「企業の雰囲気がわかる工夫があった」という旨の意見が多く見られた。

反対に対面形式のインターンシップでは、「人事以外の社員や会社の雰囲気が分かった」などの意見がある一方、「オンラインでも十分まかなえる内容だった」など、コロナ禍にあえて対面形式で実施されたにもかかわらず、内容が伴っていなかったという意見も見られた。

また、現在の就職活動の状況について聞いたところ、「就職活動の方向性(志望業種や企業、職種、大事にしたい価値観など)が固まった」と回答した学生は38.5%で、調査を開始した6月と比較するとおよそ2倍になった。企業へのエントリーに向けて準備が整った学生が増えてきていることが分かる。

この調査は、「マイナビ2022」の会員で、2022年3月卒業見込みの全国の大学生・大学院生を対象に、11月20日~30日にかけて、WEBアンケートの形で実施。有効回答数は3912人で、内訳は文系男子676人、理系男子1768人、文系女子637人、理系女子831人。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス