1. トップ
  2. データ・資料
  3. インターンシップはWebより「対面」の方が2倍以上満足度が高い =マイナビ調べ=

2020年10月15日

インターンシップはWebより「対面」の方が2倍以上満足度が高い =マイナビ調べ=

マイナビは14日、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生・大学院1年生計5886人を対象に実施した「2022年卒大学生インターシップ・就職活動準備実態調査(9月)」の結果をまとめ発表した。

それによると、インターンシップ・ワンデー仕事体験に参加したことがある学生は76.7%で、前月より15.3pt増加した。

応募者数は、91.5%(前月比0.6pt減)で微減したものの9割を維持。9月の平均応募社数は3.8社(前月4.1社)、平均参加社数は2.7社(前月2.2社)で、前月と比較して今月の平均応募社数は減ったが、平均参加社数は増えており、インターンシップへの参加がより積極的に行われた様子がうかがえる。

9月に参加したインターンシップの開催形式を聞いたところ、「Webのみ(対面なし)」が70.1%、「対面のみ(Webなし)」が23.8%、同プログラム内で「対面とWeb」の両方があったのが20.5%だった。多くの学生がWEB形式のインターンシップに参加していた。

参加した形式別にインターンシップへの満足度を聞いたところ、Webで参加した学生で「満足できた」と回答した割合は35.2%だったのに対し、対面で参加した学生が「満足できた」と回答したのは72.3%で、開催形式の違いで2倍以上の差があった。

「どちらかというと満足できた」を含めた合計でも、Webは88.7%、対面は96.6%で、対面でのインターンシップのほうが学生の満足度は高かった。

9月に参加したことがあるインターンシップのプログラムは、「グループディスカッション・グループワーク型」が最も高く、Webで57.2%、対面で42.9%。

対面に関しては、「職場見学型」が33.0%でWebよりも16.1pt高く、「同行体験型」が24.9%でWebよりも20.0pt高いという点が特徴的だった。

この調査は、2022年3月卒業見込みの全国の大学生・大学院生を対象に、9月21日~30日にかけて、「マイナビ2022」の会員に対するWebアンケートという形で実施。有効回答数は5886人で、内訳は文系男子986人、理系男子1054人、文系女子2678人、理系女子1168人。

関連URL

調査結果の詳細

マイナ

 

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス