1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 20代の61%が「3カ月以内の転職を希望」=学情調べ=

2020年10月15日

20代の61%が「3カ月以内の転職を希望」=学情調べ=

学情は14日、20代専門転職サイト「Re就活」の来訪者738人を対象に実施した「20代の転職希望時期に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、転職希望時期を尋ねた質問では、「できるだけ早く」が35.1%、「1~3カ月以内」が25.9%で、61.0%が「3カ月以内」の転職を希望していることが分かった。

「3カ月以内」の転職を希望する人からは、「賞与をもらってから退職したいので、12月末の退職を検討している」、「引継ぎなどを考慮すると、3カ月後の転職が妥当」などの声が寄せられた。

「3カ月以上後」の転職を希望する人からは、「繁忙期を避けて退職したい」、「現職のプロジェクトが終了するタイミングで転職したい」などの声が上がっており、現職との兼ね合いも考慮して転職時期を決めたいという意向も伺える。

この時期に転職活動をしようと思った理由は、「企業や業界の先行きに不安を感じたから」が39.0%で最多。次いで、「もともとこの時期に転職活動を予定していたから」28.0%、「冬の賞与後に転職したいから」13.8%と続いた。

その他の項目では、「コロナの影響で契約が継続されないから」、「転職の内定を得ていたが、コロナの影響で入社時期が決まっていない。早く正社員として働きたい」などの声も寄せられた。

また、希望する選考スタイルを聞いたところ、「Web面接と直接訪問を組み合わせて選考を受けたい」が44.2%で最多。

「直接企業に訪問して選考を受けたい」(36.4%)が、「Web面接で選考を受けたい」(19.4%)を17.0ポイント上回っており、「Web面接」よりも「直接訪問」を希望する20代が多いことが分かった。

「在職中なので、面接日程を調整しやすいWeb面接も有効活用したい」という声とともに、「最終選考や入社を決めるタイミングでは、企業に直接訪問したい」、「相性を見極めたり、雰囲気や社風を理解するためには、直接面談したい」、「直接のほうが熱意を伝えられると思う」などの声が寄せられており、選考フェーズに応じて「Web面接」と「直接訪問」を使い分けたいという意向が伺える。

この調査は、20代専門転職サイト「Re就活」への来訪者を対象に、9月30日~10月7日にかけて、アンケートのポップアップを表示する形で実施。有効回答数は738人。

関連URL

調査結果の詳細

「Re就活」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス