1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「Webセミナー・Web面接」に参加経験がある学生は約7割 =学情調べ=

2020年7月2日

「Webセミナー・Web面接」に参加経験がある学生は約7割 =学情調べ=

学情は1日、2021年卒学生991人を対象に実施した「Webセミナー・Web面接に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「Webセミナー・Web面接」は、74.0%が参加経験があると回答。Webでの参加経験がない学生26.0%を大きく上回る結果となった。

新型コロナの影響で、多くの企業が会社説明会や選考をWebに代替しており、大半の学生がオンラインでのセミナーや選考に参加していた。

Webで参加するメリットについて聞いたところ、「交通費の削減」が最多で79.3%、次いで「移動時間の削減」が75.9%となり、「感染症のリスクなく参加できる」56.3%(7項目中4番目)を上回った。

就職活動では、首都圏在住の学生が首都圏で就職活動をした場合でも、就職活動期間の交通費は合計すると5万円を超えるケースもあった。

新型コロナ収束後も、「交通費」や「移動時間」の削減のために、WebセミナーやWeb面接のニーズが一定数残ることが想定される。

逆に、Webで参加するデメリットは、「画面越しだと、企業や社員の雰囲気が分かりにくい」が最多で67.0%、次いで「画面越しだと、言いたいことや熱意を伝えにくい」42.2%となっており、画面越しではコミュニケーションに制約があると感じている学生が多いことが分かった。

「直接訪問とオンラインのどちらを希望するか」の質問では、「最終選考」は「直接訪問」が最多で46.0%、次いで「どちらかと言えば直接訪問」が21.4%となっており、約7割(67.4%)が「直接訪問」での実施を希望していた。

一方、「企業説明会」と「一次選考」では、「直接訪問」と「オンライン」がほぼ同数となっており、選考のステップが上がるにつれて、企業訪問し直接コミュニケーションを図りたいと考える学生が多かった。

このアンケート調査は、就職情報サイト「あさがくナビ2021」へのサイト来訪者を対象に、
6月17日~29日にかけて実施。有効回答数は991。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ」

学情

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス