1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約8割の学生が「6月までにインターンシップに応募済み」=マイナビ調べ=

2020年7月17日

約8割の学生が「6月までにインターンシップに応募済み」=マイナビ調べ=

マイナビは16日、2022年卒の学生1万人余りを対象に実施した「2022年卒大学生インターンシップ前の意識調査」の結果をまとめ発表した。

この調査は2018年から実施し、今回で3回目。それによると、2022年卒大学生に初めてインターンシップに応募や申し込みをした時期を聞いたところ、「2020年6月以前に申し込んだ」と回答した学生が約8割(80.7%)いた(2020年3月以前、4・5・6月の合計)。

インターンシップの形式について、Webと対面どちらがよいか聞いたところ、「対面がいい」と回答した学生が最も多く44.8%で、「どちらでも構わない」と答えたのは38.5%。

同調査が、新型コロナの「緊急事態宣言」解除を受け、外出自粛の段階的緩和がステップ2に以降した6月19日以降に実施されたこともあり、対面を望む声が多かった。

一方で、「どちらでも構わない」「Webがいい」という回答も一定数あり、外出自粛で授業のオンライン化が進んだことも受け、学生の中ではWeb化へのハードルが下がっている。

インターンシップ先を選ぶ際に就職活動を「常に意識している」割合は年々増加し、今回は75.2%(前年比6.4pt増)となった。

現行のスケジュールに変更となって以来、志望先企業を検討する時間が短くなったため、インターンシップを通して志望先企業を見極めていると推察される。

また、在学中のインターンシップ希望参加社数は平均8.1社で、前年より3.0pt増加。2020年卒の回答(4.2社)と比べると約2倍に伸びており、インターンシップ参加意欲が年々高まっていることがうかがえる。

この調査は、2022年3月卒業見込みの全国大学3年生と大学院1年生を対象に、年6月19日~30日にかけて、「マイナビ2022」会員に対するWebアンケートで実施。有効回答数は1万672人(文系男子1877人、文系女子5544人、理系男子1442人、理系女子1809人)。

関連URL

調査結果の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス