1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生が「今年、背中を押された楽曲」はAdoの「新時代」=マイナビ調べ=

2022年12月19日

高校生が「今年、背中を押された楽曲」はAdoの「新時代」=マイナビ調べ=

マイナビは16日、同社の高校生向けサイト「マイナビ進学総合研究所」が、全国の高校生1930人を対象に実施した、「2022年 高校生のトレンド調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、高校生が思う2022年の世相を表す漢字は、「楽」が2年連続でトップだった。以下、2位「勉」、3位「耐」、4位「幸」、5位「努」「学」、7位「戦」、8位「進」「新」「苦」と続いた。

「忙」「疲」「病」といった後ろ向きな印象の漢字が多くランクインした昨年に比べ、今年は「幸」「努」「進」「新」など、全体的に前向きな印象の漢字が上位に並んだ。新型コロナの行動制限が緩和したことで、高校生のマインドが前向き、且つ活動的になった様子がうかがえる結果となった。

また、「今年、背中を押された楽曲」は、アニメ人気を受け、Adoの「新時代」が1位。以下、2位「KickBack」、3位「Subtitle」、4位「ミックスナッツ」、5位「私は最強」と続き、アニメの主題歌が上位に名を連ねた。

アニメは、「今年、一番ハマったこと」ランキングでも2位にランクインしたほか、「今年、一番“推し”たもの」ランキングでもアニメ関連のキャラクターや作品が多くランクインしており、高校生にとってアニメは興味関心の的であることが分かる。人気キャラクターへの「推し活」なども、波及効果の高さを感じる結果となった。

このほか、「今年、一番良い影響を受けたニュース・出来事」では、世界的サッカー大会開催の影響を受け「サッカー関連」24.8%がダントツ1位となり、次いで「コロナ関連」2.2%、「大谷翔平選手の活躍」2.2%が続いた。

「今年の顔」ランキングでも大谷翔平選手が1位になっており、「スポーツ」も高校生の興味関心の的となっている様子がうかがえた。

この調査は、進学情報サイト「マイナビ進学」会員の高校生を対象に、11月25日~12月4日にかけて、メールで調査告知を行い、WEBフォームで回答する形で実施した。有効回答者数は1930人(1年生412人、2年生644人、3年生859人、その他15人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ進学総合研究所

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス