1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22年卒学生、4月末時点の内々定率は40.9%で2017年卒以来過去最高に=マイナビ調べ=

2021年5月13日

22年卒学生、4月末時点の内々定率は40.9%で2017年卒以来過去最高に=マイナビ調べ=

マイナビは12日、2022年3月卒業見込みの全国の大学4年生・大学院2年生8408人を対象に実施した「2022年卒大学生 活動実態調査(4月)」の結果をまとめ発表した。


それによると、22年卒業予定の大学生・大学院生の4月末時点での内々定率は40.9%(前年比5.7pt増)で、現行の採用スケジュールとなった2017年卒以降、過去最高となった。

新型コロナの影響で選考活動が止まってしまった昨年の内々定率を大きく上回り、新型コロナ感染拡大前の2020年卒からも微増(前々年比1.6pt増)している。平均内々定保有社数は1.7社(前年比0.2社増)だった。

企業の選考実施時期が年々早まっていることや、採用活動のWEB化が進みコロナ禍でも選考が順調に行われていることが、4月時点での内々定率上昇の要因とみられる。

現在、緊急事態宣言下の地域もあるが、昨年ほど選考が止まってしまうことはないと考えられており、5月の内々定率も上昇していくことが予想される。

また、面接でコロナ禍の影響で答えづらかった質問があるか聞いたところ、48.4%の学生が「答えづらかった質問がある」と回答。

具体的には、「学業・研究活動・ゼミ活動について」が43.1%で最も多く、「アルバイト経験について」が29.5%、「学生時代に打ち込んだことについて」が29.0%と続いた。

2022年卒の学生は、研究活動やゼミ活動が開始・本格化する3年次の授業をオンラインで受けていることが多く、思うように学業に取り組めなかった様子がうかがえる。

また、「アルバイト」や「学生時代に打ち込んだこと」などについても、コロナ禍で活動が制限されていたことで、話しやすいエピソードや実績がなく、答えづらいと感じた学生が多かったようだ。

この調査は、「マイナビ2022」の会員で、2022年3月卒業見込みの全国の大学4年生・大学院2年生を対象に、4月25日~4月30日にかけて、WEBアンケートで実施。有効回答数は8408人(文系男子1627人、理系男子1304人、文系女子3964人、理系女子1513人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス