1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学5年生「1分間の入力文字数49文字」、2015年文科省調査の8倍以上 =『全国統一タイピングスキル調査』結果報告=

2022年9月21日

小学5年生「1分間の入力文字数49文字」、2015年文科省調査の8倍以上 =『全国統一タイピングスキル調査』結果報告=

教育ネットとミラボは21日、両社が共同開発したタイピングスキル向上をメインとしたデジタル教材『らっこたん』を使用した『第1回全国統一タイピングスキル調査』の調査結果を一部公開した。


今回の調査は2022年6月から7月に日本全国の児童生徒6813人が参加。学年別1分間あたりの正しい入力文字数などの統計結果を得ることができた。1分間あたりの正しい入力文字数は学年が上がるにつれ増加の傾向。文部科学省が2015年に実施した情報活用能力調査においては、キータイピング入力の平均速度が小学校5年生で1分間に5.9文字、中学校2年生で平均17.4文字であったことと比較しても今回の調査では小学校5年生で1分間に49文字、中学校2年生で平均60文字と大幅に増えていることが明らかになった。


また、入力文字数(日本語)50文字以上の各学年の割合の結果を見てみると、6年生以上で過半数を超える結果となっている。


ただし、タイピングスキルは個人差が激しく、1分間あたりの正しい入力文字数が少なく、入力速度が遅い児童生徒が一定数いることから、苦手意識を持つことなく、スムーズにスキルを向上させることが課題だという。

「第1回全国統一タイピングスキル調査」は9月末まで延長予定。また、『第2回全国統一タイピングスキル調査』を実施することも決定。第2回からの参加も可能で、第1回に引き続き参加した場合は、前回調査結果との比較レポートも返却する。

教育ネットでは今回の調査結果を詳しく説明する『タイピングスキル調査結果報告セミナー』を10月に開催予定。参加者を募集する。

開催概要

『タイピングスキル調査結果報告セミナー』
・10月11日(火) 10:00~10:30 、15:30~16:30
*午後の部は後半に意見交換会(任意参加)
・10月13日(木) 10:00~10:30 、18:00~19:00
*午後の部は後半に意見交換会(任意参加)
・10月15日(土) 10:00~10:30

参加申込み

『全国統一タイピングスキル調査』募集

参加申込み

<第1回全国統一タイピングスキル調査>
実施期間:2022年6月~7月
実施対象:日本全国の小中学生
実施人数: 6813人(アルファベット) 6013人(日本語)

関連URL

ミラボ

教育ネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス