1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Riiid、南米のCasa Grandeとコロンビアの高校卒業試験対策アプリ「OE SABER」リリース

2022年10月3日

Riiid、南米のCasa Grandeとコロンビアの高校卒業試験対策アプリ「OE SABER」リリース

AIを活用したTOEIC学習アプリSantaを提供するRiiidは9月29日、南米を代表する教育企業Casa Grandeと共同開発を行い、年間50万人以上が受験する高校卒業試験SABER 11に備えるための人工知能搭載アプリ「OE SABER」をリリースしたと発表した。

同社は独自のAIにより、画一的な学習からパーソナライズされた学習へ、教育におけるパラダイムシフトを牽引し、世界中で質の高い教育を民主化する事を目指している。2021年4月には、CB Insightsの「AI 100」(世界のAI企業トップ100)に選出され、同年5月にソフトバンク・ビジョン・ファンド2から資金調達を受けている。

今回発表したアプリは、年間受験者数が50万人を超えるコロンビアの高校卒業試験SABER 11に備えるために開発されたサービス。過去のSABER11の受験データを学習したAIが搭載されており、批判的推論・数学・英語・社会科・自然科学の5教科のパーソナライズされた試験対策、最適化された学習経路を提供する。

同アプリには、同社のAI Edソリューションである「R.inside」を搭載。一人ひとりの学力を正確に把握・予測し、目標達成に向けた最適な学習経路を提案する。ディープラーニングのアルゴリズムによって、各生徒の「正解あるいは間違えた問題」「解答時間」「選択肢を取捨選択する順番」などの行動パターンを学習し、知識レベルを精緻に把握・予測する。

正式リリース発表の前に行なったパイロットテストでは、コロンビア地域にある4つの高校から約500人の学生が参加。74%の学生がこのアプリを使用すると「学力が向上すると思う」と答え、さらに81%の学生は「友人に勧めたい」と回答した。

関連URL

Riiid

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス