1. トップ
  2. 学校・団体
  3. eboard、不登校問題の解決へサポート人材育成プログラム「eDojo」を実施

2022年10月31日

eboard、不登校問題の解決へサポート人材育成プログラム「eDojo」を実施

10月27日に文部科学省から発表された不登校の小中学生の数は、過去30年間で最大の4万8813人増となり、過去最多の24万4940人に上った。eboardは、不登校支援の人材育成を目指したプログラム「eDojo」を8月からスタートしている。

本プログラムは、セールスフォース・ジャパンの支援を受け、eラーニングと現場でのグループワークを組み合わせたハイブリッド型の研修プログラムを開発。プログラムに含まれる講座は、対人支援のための教育心理、学習支援、こども家庭福祉の3分野とフリースクールなど民間団体の運営のための組織運営分野の計4分野で構成されている。

対人支援分野については、文教大学教育学部・会沢信彦教授をはじめとする各分野の専門家の監修、また、組織運営分野についてはフリースクール全国ネットワークの協力のもと、制作を進めてきた。

8月~9月に行われた第1期プログラムには、東京シューレ(東京都)、寺子屋方丈舎(福島県)、フリースクールこといろ(岩手県)、フリースクールはらいふ(大阪府)のスタッフが参加し、プログラム受講分野と未受講分野の比較で、短期的効果について総じてプラスの変化が見られたという。プログラム第2期には民間のフリースクールだけでなく、教育委員会が運営する「教育支援センター」の運営者・スタッフも参加し、12月頃に実施を予定している。

関連URL

文部科学省「令和三年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」

eboard

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス