1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育DX/ICT関連3644億円、デジタル教科書500億円で国内市場は拡大傾向 =富士キメラ総研調べ=

2022年11月7日

教育DX/ICT関連3644億円、デジタル教科書500億円で国内市場は拡大傾向 =富士キメラ総研調べ=

富士キメラ総研は2日、教育DX/教育ICT関連の国内市場を調査した結果を「教育DX/ICTソリューション市場総調査 2023」にまとめ発表した。

調査では、業務支援システム(学習系/教務系)14品目、設備/インフラ4品目、教材/コンテンツ4品目、ネットワーク機器/ツール/サービス7品目、ICT機器10品目を対象に、教育DX/ICT関連市場の現状を分析し、将来を展望した。

それによると、2030年度予測(2021年度比)は、教育DX/ICT関連の国内市場全体は3644億円(149.7%)。DXへの環境が整い、コンテンツやサービスの充実によって拡大するという。

2024年度から小学校で、2025年度から中学校で本格導入が始まる、デジタル教科書の国内市場は、500億円(5.9倍)と予測される。

2022年度は、文部科学省が全国の小学5年生~中学3年生に英語を中心としたデジタル教科書を無償提供。2024年度から小学校でデジタル教科書を本格導入。中学校でも2025年度を目途に普及を本格化させるため市場が拡大する。

「教育DX/ICTソリューション市場総調査 2023」は、書籍版が19万8000円(税込)。

関連URL

富士キメラ総研

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス