1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Mogic、eラーニングシステム「LearnO」のSCIM連携オプションを提供

2022年11月22日

Mogic、eラーニングシステム「LearnO」のSCIM連携オプションを提供

Mogicは21日、同社のeラーニングシステム「LearnO」(ラーノ)の有料オプションとして、管理者のアカウント管理の負荷とセキュリティリスクを低減させる「SCIM連携」の提供を開始すると発表した。

SCIMは、アカウント情報のプロビジョニング(同期)を自動的に実現する標準規格。既にLearnOで提供されているシングルサインオン(SAML連携)と併用することで、管理者のアカウント管理の負荷とセキュリティリスクを大幅に低減させることができる。

SCIM連携の費用は、1IDあたり月額80円(税別)で、契約ID数に応じてSCIM連携の費用が発生する。また、初期費用として20万円(税別)が必要。

SCIM連携を利用する場合、シングルサインオン(SAML連携)の有料オプションも自動的に契約となる。また、既にシングルサインオンを設定済みのLearnOを契約しているユーザーは、SCIM連携オプションの初期費用が5万円(税別)になる。

シングルサインオンは、MicrosoftやGoogleなどの外部サービスとLearnOを連携することで、外部サービスと同一のアカウントでLearnOを利用できる機能で、ユーザーはLearnO専用のアカウント情報を保有する必要がなくなる。

また、「SCIM連携」を利用することで、LearnOのアカウント情報をAzureやGoogleなどの外部サービスアカウント情報と自動で同期できるようになり、管理者はアカウント管理作業の負荷が大きく低減される。

アカウント管理が一元化されることで、管理者による運用ミスやアカウント漏洩リスクも軽減する。

LearnOは、幅広い業種・業態にマッチングするeラーニングシステム。リーズナブルな料金体系、分かりやすい機能、最短1カ月からできる契約など、導入しやすく続けやすいのが特徴。法人を中心に導入が進み現在、年間35万人以上が利用している。

関連URL

「LearnO」

Mogic

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス