1. トップ
  2. データ・資料
  3. カンビア、理系学部生を対象とした「就職活動に関する意識調査」を実施

2022年11月28日

カンビア、理系学部生を対象とした「就職活動に関する意識調査」を実施

カンビアは24日、今後就職活動に臨む理系学部大学生を対象に実施したWebによる「就職活動に関する意識調査」の結果を発表した。

同社が運営している理系学部生に特化した就職活動サイト「リケイマッチ」を利用中のユーザーから、「学部卒として就職活動に臨む人達がどのように取り組んでいるのか知りたい」、「理系の場合、大学院卒者に向けた情報が多い反面、大学学部卒者に対する情報が少ない」などの意見が寄せられており、学生の意向やニーズを把握し今後のサービス運用に活用する目的で意識調査を実施した。


それによると、「理系学部生として就職活動に取り組む理由は?」に対する回答では、「早く社会に出たい」が40.5%と最多を占めた。学部卒の就職志望者としては「院に進学したい理由がないため」、「学費が高いため」を合わせると58.1%。一方、「まだ院進学するかどうか悩んでいる」が37.8%だった。


「企業選びで最も大事にしていることは?」に対する回答では、「仕事の専門性」が33.8%。次点は「待遇・福利厚生」が31.1%、「一緒に働くメンバー」「企業理念」が10.8%となった。なお、「その他」では「やりがい、自分に向いているかどうか」や「研修、教育制度」、「最新の技術をどれくらいの頻度で取り入れているのか」などの回答があった。


「就職を希望する勤務地」に対する回答では、「勤務地よりも他のことを重視したい」が52.7%。一方、「地元ではないが特定の地域で働きたい」は33.8%であり、地元にこだわらず就職したい傾向がうかがえる。

「理系学部生として就職活動に取り組む上で感じる不安点」に関する自由回答では、「技術職が自分につとまるのか不安」「専攻分野が就職で活かせるのかが不安」「専攻分野以外の仕事にも興味あるが通用するのか不安」「大学院生と比べると専門性で懸念が残る」「学部生向けの情報が少ないことが不安」などの声が寄せられた。

関連URL

「リケイマッチ」学生向け登録ページ

「リケイマッチ」企業向け紹介ページ

カンビア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス