1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2022年卒大学生の80.8%が「就職活動のオンライン化を歓迎」=ZENKIGEN調べ=

2021年3月10日

2022年卒大学生の80.8%が「就職活動のオンライン化を歓迎」=ZENKIGEN調べ=

ZENKIGEN(ゼンキゲン)は9日、2022年卒業予定の大学生・大学院生260人を対象に実施した「就職活動に関する意識調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、コロナ禍で、就職活動への意識や行動にどのような変化があったかを聞いたところ、最も多かったのが「就職活動の開始時期を早めた」の47.58%。

次いで、「幅広く業界を見るようになった」43.87%、「企業の安定性を重視するようになった」34.57%などの回答が続いた。

就職活動に関する情報収集をどのような方法で行っているかを聞いたところ、1位は「就活情報サイトや求人サイト」91.45%、2位「就活関連のイベントに参加(オンライン)」68.03%、3位「各企業の説明会(オンライン)」53.53%で、オンラインでの情報収集が上位を占めた。

就職活動のオンライン化について歓迎するかどうかを尋ねたところ、全体の46.7%が「歓迎している」、34.1%が「どちらかといえば歓迎している」と回答。合わせて80.8%が歓迎していることが分かった。「どちらかといえば歓迎していない」は4.4%だけだった。

会社説明会への参加予定(既に参加したものを含む)を聞いたところ、最多は「11~15社」で21.5%。そのうち対面での説明会に参加予定は「1~5社」が51.1%、「0社」が33.0%。

各選考プロセスで、オンラインとオフラインのどちらでの実施を希望するかを尋ねたころ、「会社説明会・1次面接」はオンラインでの実施希望が6割以上で、オフラインでの実施希望を大きく上回った。

一方、「最終面接」では、オフラインでの実施希望が6割となり、オンラインでの実施希望を大きく上回っている。

選考プロセスのオンライン対応が、企業への応募意欲に影響を与えるかを聞いたところ、全体の22.2%が「影響がある」、34.8%が「どちらかといえば影響がある」と回答。合わせて57.0%が影響があると回答した。

この調査は、2022年卒業予定の大学生・大学院生260人を対象に、2月10日〜16日にかけて、インターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細(ZENKIGENのHP)

ZENKIGEN

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス