1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 相模原市、オンラインでアバターによる「チャレンジ教室」を初開催

2023年1月13日

相模原市、オンラインでアバターによる「チャレンジ教室」を初開催

相模原市は10日、参加者がオンライン上のバーチャル空間の中でアバターを操作して行う「オンライン版チャレンジ教室」を12月17日に初開催したことを発表した。

◯×クイズの様子

当日は、市内在住の8人の児童・生徒が自宅から参加。参加者は、アバターに思い思いのニックネームを付けて活動を体験した。

相模原市立青少年相談センターでは、学校へ登校することをためらいがちで、集団で活動することが苦手な児童・生徒を対象に、活動を通して人と触れ合うことや、ものづくりの楽しさを味わうことのできる「チャレンジ教室」を開催している。

この事業の一環として、NTTが提供するXR空間プラットフォーム「DOOR」のバーチャル空間を利用した。

参加者は〇×クイズやクロスワード、また「最強レベル謎解き問題」に挑戦した。

関連URL

相模原市

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス