1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パナソニックIS、PC教室とBYODの共存に適した仮想デスクトップ「Accops HyLabs」提供開始

2023年1月17日

パナソニックIS、PC教室とBYODの共存に適した仮想デスクトップ「Accops HyLabs」提供開始

パナソニック インフォメーションシステムズは16日、大学におけるPC教室とBYODの共存に適した仮想デスクトップソリューション「Accops HyLabs」の提供を開始した。


教室にPCを設置する従来の「PC教室」スタイルが見直され、学生自身のPCを使って学習する「BYOD」が教育DXの一環として加速度的に浸透。現在はPC教室とBYODの共存が主流となっており、学生が購入する不統一なPCからでも同じような環境で学習でき、管理面・セキュリティ面でもメリットの大きい「仮想デスクトップ」が快適なBYODを実現するシステムとして注目されている。このような背景から、同社はAccops and Zevoke Tehnologiesが日本総販売代理店を務める仮想デスクトップソリューション「Accops HyLabs」の提供を開始した。

Accops HyLabsではシラバスと連携して事前予約し、履修者だけに仮想マシンを確保して、履修者以外のアクセスを制御することで、ネットワーク負荷を抑えて安定稼動を実現する。また、CADなどのライセンス管理が必要なアプリケーションを仮想マシン上で稼動することで、ライセンスの稼動状況を把握し、購入ライセンス数以上の不正利用を防止したり、遊休ライセンスを可視化したりすることができる。

さらに、使う時だけ仮想マシンを確保(事前予約)し、使わない時は電源OFFすることでリソースコストの削減が図れるほか、授業時間外は仮想マシンを自習用に解放し、学外から仮想マシンにアクセスすることで、学生の個人端末からでも高機能ソフトを活用して学習が可能となる。

今回提供を開始するAccops HyLabsは、PC教室の更新やBYODの導入を検討している大学を主なターゲットに、2025年度末までに20校への導入を目指している。

関連URL

パナソニック インフォメーションシステムズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス