1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ドローンスクールジャパン、無人航空機操縦者技能証明(一等・二等)の講習を開始

2023年1月24日

ドローンスクールジャパン、無人航空機操縦者技能証明(一等・二等)の講習を開始

スカイロボットは、運営するドローンスクールジャパンで、マルチローターにおける無人航空機操縦者技能証明(一等・二等)の受講申込の受付を1月下旬から開始する。

無人航空機技能証明は、有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4)の実現に必要となる操縦者の技能を国が証明する操縦ライセンス制度で、一等無人航空機操縦士資格を有する者が、第一種機体認証を得た機体を用いて、飛行の許可・承認申請を行い、新しい運航ルールを遵守することで、カテゴリーⅢ飛行(立入管理措置を講ずることなく行う特定飛行)が可能となる。

資格の区分は、「一等」、「二等」の区分のほか、「マルチローター」・「ヘリコプター」・「飛行機」の3種類がある。また限定変更として、「夜間飛行」、「目視外飛行」、「25Kg以上の機体」を限定解除するか否かの選択が可能。

制度開始に伴い、「登録講習機関」と「指定試験機関」の2つの機関が新たに設立される。自動車運転免許に例えると、登録講習機関(ドローンスクール)は自動車教習所。指定試験機関は都道府県の運転免許センターにあたり、登録講習機関(ドローンスクール)で、学科・実地の講習を受け、修了審査に合格し、指定試験機関で学科の試験と身体検査に合格することで、資格を取得できる。

ドローンスクールジャパンは登録講習機関として、学科講習・実地講習・修了審査の受講が可能。座学講習の使用教材は、同社開発のe-ラーニングシステムを使用する。

関連URL

ドローンスクールジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス