1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. みんがく、ChatGPT搭載した学習塾支援サービスのβ版をリリース

2023年3月28日

みんがく、ChatGPT搭載した学習塾支援サービスのβ版をリリース

オンライン自習室サービス『みんがく』を運営するみんがくは25日、ChatGPT搭載の学習塾支援サービス「先生のBUKA~優秀な部下としての教育現場用ChatGPT導入~(β版)」をリリースしたと発表した。

今後は、教育現場でもChatGPTを活用し、教員は対面の生徒指導や面談など人間にしかできないことに注力したいというニーズが強くなっていくことが予想される。しかし、「ChatGPTのリアルタイム回答に任せるのは、まだ不安で怖い」という教員が多いのも事実。そのような課題を解決するサービスとなっている。

どれだけAIが普及し個別最適化されたツールが生まれようと、生徒本人をやる気にしなければ、結局使われない宝の持ち腐れとなってしまう。同社ではこの考えに基づき、教員と生徒の信頼関係を太くするツール開発を心掛けている。この理念に基づき生まれたのが同サービス。

「全世界に衝撃を与えているChatGPTなどAIを有効活用したい。でも、AIに依存することできない」。同社では、そのように考える教員がAIを優秀な部下と考え、教員自身が責任をもって指示を出すことで、教育現場で安心して活用できるAIサービスを開発した。日々の教育現場で行われている「部下に指示を出し、生徒向け文面案を出させる。そのまま生徒に出せない内容があれば修正させる。そうして完成した内容を、教員が承認にして生徒に送信する」という一連の流れを効率的に行うツールとなっている。人間によるアクションを挟む分、純粋なAIのみのシステムよりはレスポンスは遅くなる。しかし、同社では最後は教員が責任をもって生徒にメッセージを送ることに大きな意味があるという考えを大切にして開発を進めているという。

同社は教育特化のデジタル専門家集団(=教育DXラボ)を抱えており、教育UI/UXを熟知した優秀なエンジニアが揃っている。また学習塾に特化した、生徒と教員のコミュニケーションに焦点を当てたサービスを、ChatGPT発表以前から展開しており、同サービス基盤がほぼ完成していたため、同サービスをスピーディにリリースした。

現在100塾限定で6月末まで基本使用料9350円を無料とする先行募集をしており、4月7日には利用を開始する。

関連URL

みんがく

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス