1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 合同オンライン自習室「みんがく」、新サービス「家庭学習クラウド」を発表

2022年2月1日

合同オンライン自習室「みんがく」、新サービス「家庭学習クラウド」を発表

学習塾向けオンライン自習室「みんがく」を提供するみんがくは、生徒の家庭学習量の増加・満足度向上による退塾防止を目的とした「家庭学習クラウド」を発表した。そのうち一部機能を1日から先行リリースする。

「みんがく」は、全国の塾講師・塾経営者の協力による合同オンライン自習室から始まったプロジェクト。オンライン上にある学習室には管理人が常駐し、学習室に入室した生徒は、全国で頑張る仲間からの刺激と管理人からの激励メッセージによってモチベーションを高め、緊張感を維持することで、家庭での学習を習慣化する仕組みになっている。

新サービス「家庭学習クラウド」は、管理人がいない時間帯の学習を促進・記録する「タイムキーパー」機能、学習室に入らなくでも学習の進捗を報告できる「学びの進度計」機能、学習したことを即座に提出できる「提出BOX」機能の3つから構成されている。

このうち、タイムキーパー機能を2月1日から先行リリースする。同機能により、管理人が不在の早朝など、学習室がオープンしていない時間の学習記録が残るようになる。また、学習を開始する時に、何を何時まで勉強するかを宣言して開始し、その記録を見て教師が励ましのメッセージやフィードバックを送ることができる。さらに、メリハリある学習ができるように、終了予定時刻になるとアラートが飛び、「続ける」を選択しないと自動的に終了するようになっている。

学習塾関係者を対象に、新機能を含めた「みんがく」の機能紹介無料セミナーを2月3日・5日・10日・12日、午前の部11:00~12:00/午後の部14:00~15:00にZoomを利用して実施する。早期申込特典もある。

機能紹介セミナーの参加申込

関連URL

みんがく

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス