1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. e-kagaku国際科学教育協会、スペースロボットコンテストドローン競技全国大会開催

2023年5月2日

e-kagaku国際科学教育協会、スペースロボットコンテストドローン競技全国大会開催

e-kagaku国際科学教育協会は、スペースロボットコンテスト(SRC)Real Air部門 全国大会を昨年に引き続き富山県・立山山麓スキー場で5月4日~5日に開催する。

Air部門はドローンのプログラミング技術を競う大会。全国から集まったトップジュニア22名がドローンをプログラミングによる自動運転で飛行させ、その正確性と再現性を競う。今年のテーマは「MATLABによる自動飛行制御」。MATLABは米国のMathWorks社が提供する画像解析やシミュレーションに用いるソフトウェアで、世界中の自動車メーカーが自動運転技術の開発に使用している。

スペースロボットコンテスト(SRC)とは、小学生~高校生が自律型ロボットで与えられた課題をクリアし、その得点を競う大会。カテゴリ別に3部門で構成される。

Beginner部門は、センサーは2つまで、変数は使用しないコース。課題は当日発表され、時間内にクリアすることが求められる。Classic部門は、課題は事前に発表。1次~3次予選を突破した8チームが決勝に挑む。Real部門は、Classicベスト16経験者のみ挑戦可能な上級部門。Rover、Air、Water、Designに分かれて競技を実施する。Research部門は、選考通過者には自身の研究テーマを企業向けにプレゼンテーションする機会が与えられる。テーマは自由。

開催概要

予選日時:5月4日(水)13:00~17:30
決勝日時:5月5日(木)
・9:00 開会式
・9:30~10:30 決勝
・10:30~12:00 選手によるプレゼンテーション
・12:30~13:00 閉会式、記念撮影
開催会場:立山山麓スキー場

関連URL

スペースロボットコンテスト(SRC)

e-kagaku国際科学教育協会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス