1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. シャープ、「部活動中の暑熱対策の検証」を東京・三鷹市立中学4校で開始

2023年7月12日

シャープ、「部活動中の暑熱対策の検証」を東京・三鷹市立中学4校で開始

シャープは11日、部活動中の暑熱対策に関する検証を、東京・三鷹市立中学校4校で開始した。

左:部活動中の暑熱対策の検証に活用する適温蓄冷材、右:ウェアラブルデバイス「カナリア」

同検証は、Biodata Banおよび東京・三鷹市教育委員会と共同で行うもので、同社の適温蓄冷材とBiodata Bankのウェアラブルデバイス「熱中対策ウォッチ カナリア」(カナリア)を活用して実施する。

今回の検証には、対象の部活動に所属する生徒計約410人が参加。深部体温の上昇が検知できる「カナリア」を装着し、部活動開始前には適温蓄冷材で手のひらを冷やす「プレクーリング」を実施してから部活動に取り組むことで、「プレクーリング」の効果的な運用やリスク検知時の適切な休憩設定などを検証。

また、「カナリア」で計測したデータを検証期間終了後に収集して、部活動ごとや練習内容による暑熱リスクの総合的な分析を行う。このほか、三鷹市立中学校5校の生徒計約560人にも、適温蓄冷材を使用した「プレクーリング」を体験してもらい、暑熱リスクの軽減と対策の周知を図る。

【検証の概要】
名称:適温蓄冷材と「カナリア」を活用した暑熱対策プロジェクト
検証期間:7月11日~約2カ月間
対象:東京都三鷹市立中学校4校の生徒計約410人
主な内容:
・適温蓄冷材を活用した「プレクーリング」の運用
・「カナリア」を活用した適切な休憩設定
・「カナリア」から取得したデータによる暑熱下のリスク分析

詳細

関連URL

Biodata Bank

三鷹市教育委員会

シャープ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス