1. トップ
  2. データ・資料
  3. 政府による「リスキリング」支援の認知度は47.8% =フォーイット調べ=

2023年7月28日

政府による「リスキリング」支援の認知度は47.8% =フォーイット調べ=

フォーイットは26日、全国の10代~60代までの男女500人を対象に実施した「リスキリング」に関するアンケート結果を発表した。

それによると、事前調査で「副業をしたことがある」と回答した全国の10代から60代の男女を対象とした「政府による『リスキリング』支援を知っていますか?」というアンケートを実施したところ、「知っている」と回答した人は47.8%となった。

今後の活用予定についての内訳は、「知っていて、活用する予定」人は全体の10.6%だった。最も多かった回答は、「今回知ったが、よく分からなかった」で31.0%。また、「活用しないと思う」人の理由として、「現職の業務を見直してもらわないと、時間が回せない」、「もう働かない」などの回答が得られた。

男女別に見ると、知っていて「活用する予定」と「気になっている」という人は男性で36.4%、女性で22.0%と、男性の方がリスキリングに対して積極的であることが分かった。

厚生労働省が発表している、令和2年度「能力開発基本調査の結果によると、自己啓発を行う上で何らかの問題があると回答した人は、男性では74.3%、女性では78.9%と女性の方がやや上回っており、リスキリング支援の活用についても踏み出せずにいる可能性がうかがえた。

年代別に見ると、リスキリングに積極的な人は30代に最も多く、38.0%だった。また、以前実施した「副業をしたことがありますか?」のアンケートでは、副業に取り組んだことのある人は同じく30代に最も多い結果になったため、新しいスキルや経験を獲得することに対して前向きであることが推察される。中堅層にあたる30代では、今後のスキルアップやステップアップのためにリスキリングの意欲が高まることがうかがえた。

世帯年収別に見ると、リスキリングに積極的な人は世帯年収の高さと比例する結果となった。国から金銭的な支援が受けられるとはいえ、給付金の支給が受講後であったり、講座によっては高額な場合もあったりするため、自己研鑽に充てられる資金面の余裕が関わってくる可能性が推察される。

関連URL

調査結果の詳細

フォーイット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス