1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. steAm、「万博STEAM教育プログラム」のモデル校で公開ワークショップ開催

2024年1月10日

steAm、「万博STEAM教育プログラム」のモデル校で公開ワークショップ開催

steAmは、「万博STEAM教育プログラム」のモデル校・大阪府立桜和高校で、1月17日に体験型公開ワークショップを開催する。

同社は、大阪府教育庁から委託を受けて、同校をモデル校にした「万博STEAM教育プログラム」を開発・実施しており、今回のワークショップは同プログラムの集大成として実施するもの。

同社は昨年8月から、同校2年生が自身の「好きなもの(こと)」を深掘りして、STEAMの各分野から探究を進め、ワクワクを表現し、「いのち輝く未来社会のデザイン~いのちを高める~」をテーマに、探究学習を行う教育プログラムの開発を進めてきた。

同校2年生は、今回のSTEAM探究を通じて、自分たちの「好き」を様々な人々に体験的に伝える、15分間のワークショップを作り出しており、17日には、同ワークショップを同校1年生や来場者に体験してもらう形で、最終発表を行う。

今回の発表では、同社代表で2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサーの中島さち子氏をはじめ、STEAMの専門家や一般の来場者からフィードバックを受け、学びの成果を実感するとともに、改善の方向性を模索する。

また、今回のワークショップは、2025年大阪・関西万博で、テーマ事業「いのちを高める」のシグネチャーパビリオン「いのちの遊び場 クラゲ館」の2階「五感の遊び場」で、世界中の多様な人々を対象に、一部実施の方向で調整している。

ワークショップ概要

開催日時:1月17日(水)3~4限(10:50~12:40)
開催会場:大阪府立桜和高校5階多目的室[大阪市北区松ヶ枝町1-38]
内容:同校2年生がSTEAMの各分野から探究してきた自分の「好きなもの(こと)」について、体験的かつ躍動的に伝える15分間のワークショップ(1月17日は進行の都合により12分で実施)を、同校1年生と来場者を対象に開催

関連URL

steAm

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス