1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. VML、”IT×モビリティ人材”育成目的に「自動運転レース中高生大会」を開催

2024年1月16日

VML、”IT×モビリティ人材”育成目的に「自動運転レース中高生大会」を開催

Virtual Motorsport Lab (VML)は、”IT × モビリティ人材”の育成を目的に「自動運転レース中高生大会」を1月20日から開催する。

大会は、完全オンラインで、無料で参加できる。参加者には、自動運転走行が可能な基本コードが提供され、自動運転レーシングカーの挙動を制御する体験ができる。最速ラップタイムを目指すために変数値を変更し、理解が進むにつれて変更箇所を増やすことが求められる。プログラミング未経験者でも気軽に参加し、スキルを身につけることができる。

インターネットに接続できるPCがあれば参加可能。ソフトウェアのインストールや環境構築は不要で、Webブラウザを通じてシミュレータが利用できる。個人参加はもちろん、学校や部活動の一環として参加することもできる。開発に使用するプログラミング言語はPythonで、VMLがサポートを提供する。

さらに、eモータースポーツの世界トップドライバー、宮園拓真氏がスペシャルゲストとして参加し、サーキット走行のアドバイスを提供する機会もある。

イベントは、スポーツ庁が推進する「スポーツオープンイノベーション推進事業(スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)の基盤形成)」の一環。

VML自動運転レース中高生大会 開催概要

スケジュール:
1.開発講習会 1月20日 (土) に2セッション開催
(午前10-12時 / 午後3-5時のどちらかに参加推奨, アーカイブ動画共有)
2.予選 1月20日 (土) ~ 2月10日 (土)
3.決勝 2月11日 (日) 10-12時
場所:完全オンライン
参加資格:中学生・高校生 (高専生は3年次まで 先着100名)
参加費:無料
学べること:自動運転シミュレータとプログラミングを使った実践的な開発体験
申込締切:1月19日 (参加者が集まり次第、募集締め切り)

詳細・申込

関連URL

Virtual Motorsport Lab Inc.

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス