1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 近畿大学、生成AI活用プラットフォーム「Graffer AI Studio」を導入

2024年1月22日

近畿大学、生成AI活用プラットフォーム「Graffer AI Studio」を導入

近畿大学は、生成AI活用プラットフォーム「Graffer AI Studio」を、1月22日から3月31日まで試験導入する。

導入するグラファーの「Graffer AI Studio」には、学内のデータを取り込み、ChatGPTのような対話形式でAIに質問回答や文章生成をさせる「チャットサービス」、学内で保有しているWordやPDFなどのデータを取り込み、それらのデータを元にした高精度のAI情報検索ができる「ナレッジベース」、処理したいデータを取り込み、プロンプト(AIに処理してほしい入力指示)を一度書くだけで大量の処理を数秒で完了できる「一括処理アプリケーション」の機能がある。

これらを用いて、経営企画や広報、教務など、さまざまな業務で効率化を図り、試験導入をきっかけに、業務削減の効果および職員のAI・ITスキル向上への影響を検証し、AIの利用拡大をめざすという。

関連URL

グラファー

近畿大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス