1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. エクシード、中高生でも深く学べる教材を目指して「Scratch応用編」提供開始

2024年1月23日

エクシード、中高生でも深く学べる教材を目指して「Scratch応用編」提供開始

エクシードは19日、「Scratch応用編」の提供を開始した。

応用編で作成する作品イメージ

同社はプログラミング教室「Tech for elementary」(TFE)を運営。TFEは2016年4月より事業を開始し、のべ全国500教室・15000人以上の生徒が参加してきた。

Scratchが高校の「情報I」の教科書でも採用され、「情報I」は2024年度の共通テストで出題される(2025年1月実施予定)。また、TFEの生徒においても中高生が多数存在するようになり、より高度な内容(より一層の論理思考力・問題解決力の研鑽)が求められるようになってきた。

さらに、TFEの教室運営においてはマイクラプログラミングの市場飽和・製品/技術的な制約・ベンダー提供教材の充実等から、より本質的な差別化(エンタメだけでなく生徒の学びや成果に結びつく等)と、LTVの向上(通学期間の延長)が求められるようになってきた。これらの理由から「より高度なScratchの教材」として応用編を提供する。

応用編概要
対象(目安):小学校3年生~高校生
教材内容:既存教材の学習内容を応用して、より複雑なアルゴリズムでゲームを作成
形式:動画教材
分量:
初級コース 12コマ(全40コマから52コマへ。約2年分)
中級コース 12コマ(全24コマから36コマへ。約1.5年分) ※2024年内提供予定
上級コース 12コマ(全23コマから35コマへ。約1.5年分) ※2025年内提供予定
※最終的には近日提供予定の入門コースと合計で「Scratchのみで」6年分以上になる

資料請求

関連URL

エクシード

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス