1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 生成AI英会話アプリ「ELSA Speak」、山手学院中高(横浜市)が4月から導入

2024年2月2日

生成AI英会話アプリ「ELSA Speak」、山手学院中高(横浜市)が4月から導入

ELSA Japanは1日、AI技術を駆使した同社の英会話支援アプリ「ELSA Speak」が、山手学院中学高校(神奈川県横浜市)の中学1年~高校1年生に、4月から導入されることになったと発表した。

ELSA(English Language Speech Assistant)は、英語をより正しく、自信を持って話せるようになるためのAIパーソナルコーチアプリで、2015年にGoogleのAI投資部門から出資を受けて以降、100カ国以上で4000万人のユーザーが利用。

世界のAI企業100にも選ばれた独自の音声認識技術で、学習者は個人のスピーキングの弱み(発音・アクセント・イントネーション・流暢さ・語彙力・文法)を特定して、短期間で改善することができる。

同アプリは、京都大学をはじめとした世界中の教育機関や京都・京丹後市、秋田・湯沢市といった地方自治体のほか、武蔵・三田国際・聖光学院・栄光学園といった私立学校でも採用されている。

同校では、中学3年時に「オーストラリアホームステイ」、高校2年時には卒業必修単位として「北米ホームステイ」に生徒全員が参加することから、英語学習に高い目的意識を持って学習に取り組んでいる生徒が多い。

今回、同アプリを導入することにした最大の理由は、授業でも家庭でも、生徒が能動的にスピーキングの練習ができること。教員が生徒の学習状況や達成度をダッシュボードで把握できるのも大きな利点となり、英語学習の個別最適化を図る上で最も適したアプリだと判断し、来年度からの導入を決めた。

関連URL

山手学院中学・高校

ELSA Japan

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス