1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 同志社中学、AI英語発音学習アプリ「ELSA Speak」の実証実験を開始

2022年4月22日

同志社中学、AI英語発音学習アプリ「ELSA Speak」の実証実験を開始

ELSA Japanは21日、同社のAI英語発音学習アプリ「ELSA Speak」が同志社中学校(京都市)に導入され、最先端の英語教育をめざして、1年生を対象に実証授業を開始すると発表した。

同中学校は、2014年度から1人1台のiPadを導入し、早くからICT技術を活用した教育活動を実施。アプリやAIロボットを活用した英語の発音指導を行ってきたが、今回、従来の英語発音指導をアップデートし、より正確な発音を身に付けたいとの考えから同アプリを導入することにした。

同アプリは、英語をより正しく、自信を持って話せるようになるためのAIパーソナルコーチアプリ。2015年にGoogleのAI投資部門から出資を受けて以来、100カ国以上・4000万人のユーザーが利用している。

「世界のAI企業100」にも選ばれた独自の音声認識技術で、学習者は個人のスピーキングの弱み(発音・アクセント・イントネーション・流暢さ・語彙力・文法)を特定し、短期間で改善することができる。

日本国内では現在、60万人が利用しており、英検・IELTS・TOEFL受験者のスピーキング対策や、TOEIC受験者のリスニング対策に活用されている。

また、同アプリは、京都大学やライス大学などの世界中の教育機関や日本の地方自治体でも採用されている。

現在、10校限定で、1学期間もしくは長期休暇の間の「無料トライアル」を提供。トライアル期間は、現場での活用をサポートするため、ELSAラーニングデザイナーによるワークショップも提供する。詳しくは同社のHPを参照。

関連URL

ELSA

同志社中学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス