1. トップ
  2. 学校・団体
  3. SUN、都立飛鳥高校へ日本語学習アプリ「くらしスタディ」を提供

2024年2月15日

SUN、都立飛鳥高校へ日本語学習アプリ「くらしスタディ」を提供

SUNは14日、日本語学習アプリ「くらしスタディ」を東京都立飛鳥高等学校に提供、外国にルーツを持ち日本語の支援が必要な生徒が学ぶ日本語指導で、試験導入を昨年12月から開始したことを明らかにした。

東京都立飛鳥高等学校の定時制においては外国にルーツを持つ生徒数が増加、日本語指導が必要な生徒が増えてきていることから、2020年に日本語を学校設定科目として、実用的な日本語指導をしている。同校では、ICTを活用した個別最適な学習による日本語能力の向上を目指し、このほど「くらしスタディ」の試験的な導入を決定した。

12月14日の最初の授業で「くらしスタディ」の説明会および日本語レベルを測るテストを実施。その結果をもとに各生徒のレベルに合わせて今後の学習プランを設定し、1月12日に日本語担当教員主導のもと、アプリを使った初めての授業が開催された。日本語教師の資格を持つSUNの社員もアシスタントとして参加した。同アプリの学習内容は日常会話に特化していることから、授業では会話練習などの双方向的な学びに時間を割くことも計画している。

関連URL

「くらしスタディ」

SUN

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス