1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ミスミ、機械部品調達AIプラットフォーム「meviy」の教育機関向け支援プログラムの公募開始

2024年6月4日

ミスミ、機械部品調達AIプラットフォーム「meviy」の教育機関向け支援プログラムの公募開始

ミスミグループ本社は3日、同社の機械部品調達のAIプラットフォーム「meviy」(メビー)の教育機関向け支援プログラム「meviy for education」の公募を開始した。

同プログラムは、ものづくりに挑戦する教育機関(学校法人)を対象に公募を行い、選考を通過した団体に、meviyの部品購入時に使用できる最大10万円分のクーポンを提供するほか、meviy特別講座の実施などの支援を行うもので、2023年からスタート。

meviyは、機械部品の3DデータをアップロードするだけでAIが自動で即時見積もり、独自のデジタル製造システムにより最短1日での出荷を実現。これまで、機械部品調達時に発生していた作業時間の9割以上を削減することで、ユーザーの部品調達における非効率を解消するプラットフォーム。全国の教育機関の約3割が活用している。

「meviy for education」概要

応募期間:6月3日(月)~7月31日(水)
支援期間:9月1日(日)~2025年8月31日(日)
応募対象:ものづくりに挑戦する教育機関(学校法人)
・大学・大学院、短期大学、専門学校、高専、高校のいずれかに所属し、学校に属する管理者(教職員)が存在する学生団体
・3D CADを使用してものづくりに挑戦していること
・商品提供後、事後レポートやアンケート、取材や調査に協力できる団体
支援の概要:
・審査結果に基づき、1団体につき年間最大10万円分のmeviy部品購入時に使用できる90%OFFクーポンを発行
・meviyの特別講座を開催予定(決定団体に別途案内)
選考基準:
・ものづくりへの好奇心・情熱・チャレンジ精神をもっている
・ものづくりの未来に貢献したいという志をもっている
・他にはないユニークな取り組みを行っている
選考結果:8月31日(月)までに応募者宛に選考結果をメールで連絡

詳細・申込

関連URL

「meviy」

ミスミ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス