1. トップ
  2. データ・資料
  3. グローバルビジネスで通用するレベルの英語力を持つ人材は7% =レアジョブ調べ=

2024年6月19日

グローバルビジネスで通用するレベルの英語力を持つ人材は7% =レアジョブ調べ=

レアジョブのプロゴスは17日、AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」の受験データを分析した「日本人の英語スピーキング力に関する調査結果」を発表した。

「PROGOS」の66万件のデータを活用し、日本人の英語スピーキング力に関する調査をした結果、グローバルビジネスで通用する英語力とされるCEFR「B2」以上は7%。これに対し、海外受験者の最多レベルは「B1High」で、「B2」以上が4割を超えていた。

また、役員と学生の方が、現場で実務を担う社員よりも「スピーキング力」が高いこともわかった。

グローバル関連の業務を行う部署でも、「B2」以上は1割程度にとどまり、日本人の「リスニング・リーディング力」と「スピーキング力」の間には依然として大きなギャップがあるという。

関連URL

「PROGOS」

レアジョブ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス