1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レアジョブ、AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」のモバイルアプリを提供開始

2022年1月31日

レアジョブ、AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」のモバイルアプリを提供開始

人にまつわるデータを活用し、グローバルに活躍する人々を生み出すレアジョブは27日、同社の法人向け事業子会社プロゴスがAIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」のモバイルアプリを提供開始したと発表した。日本の他、ベトナム、タイ、インド、シンガポールでもリリースするなど、グローバルでの展開も進めている。

グローバルビジネスの定着に伴い、実務に即した英語スピーキング力を備えた人材採用や育成のため、英語力に関して、国際基準のCEFRに基づく人事制度や研修を導入する日本企業が増加している。将来的には、キャリア形成のためにCEFRレベルを自ら把握し、CEFRレベルに準じた英語スピーキング力のスキルアップが必要となっていくことが考えられる。
2020年6月のローンチ以降、AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」は、急速に普及している。CEFRに基づく問題設計やレベル判定が可能なことから、国内の企業や大学での大規模導入のみならず、在タイの大手人材紹介会社と業務提携し、タイ人求職者への大規模提供を始めとして、ベトナム、インドなどのアジア各国を中心に海外での事業展開も着実に進んでいる。

同アプリのリリースにより、法人導入企業や「レアジョブ英会話」受講者に限らず、個人の英語学習者でも気軽に同テストの受験が可能。また、世界39の国と地域でも同時にリリース。同社では日本だけでなく海外でも幅広く受験できる基盤を整え、同テストの海外事業展開を一層加速させていく。アプリを通して、さらに多くの人に英語スピーキングテストへのアクセシビリティを提供し、スキルアップの支援をしていく。

同アプリは、受験時間20分、結果の確認までわずか2分で完了する「英語スピーキングテストアプリ」。Webブラウザ版と同様のテスト内容で受験が可能。

ダウンロードURL(iOS)

ダウンロードURL(Android)

関連URL

「PROGOS-毎日測れる英語スピーキングテスト」

プロゴス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス