1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 住友電工情報システム、全文検索・情報活用システム「QuickSolution Ver.12.2」2月販売開始

2022年1月31日

住友電工情報システム、全文検索・情報活用システム「QuickSolution Ver.12.2」2月販売開始

住友電工情報システムは27日、Microsoft TeamsおよびOneDriveを検索対象に追加した、全文検索・情報活用システム「QuickSolution Ver.12.2」を2月1日から販売を開始すると発表した。

全文検索・情報活用システム「QuickSolution」は、数100TBまでフルレンジ対応した、純国産のエンタープライズサーチ(企業内検索ソフト)。自社運用(オンプレミス)のファイルサーバなどに加えて、クラウドサービスである SharePoint OnlineやBoxなど、社内外に点在する情報を横断的に全文検索し、組織全体での業務効率化/ナレッジマネジメントを強力に支援する。さらに、AIをはじめとする先進技術を活用した超高速・高精度の検索機能が高く評価され、2001年の発売以来、業種を問わず4,100サーバ以上の導入実績がある。

今回販売する「QuickSolutionVer.12.2」では、TeamsとOneDriveを検索対象に追加した。これにより、保管場所に関わらず必要なファイルをすぐに探し出し、有効活用することができる。

Teamsは、ビデオ会議だけでなく、チャットや通話、ファイルの共有機能を利用した業務効率化が可能となるMicrosoft 365のコミュニケーションツール。テレワークの普及に伴い利用が急増する一方で、Teamsでファイルを共有すると、後から利用する際に保管場所が分からなくなり、探し出すのに時間がかかるという問題点が浮き彫りになってきた。また、共有したファイルがSharePoint OnlineやオンラインストレージのOneDrive上に保存されるため、従来のファイルサーバやBoxに加えて社内情報が点在してしまうという問題も発生する。そこで同システムは、Teamsの全文検索に対応。従来の検索対象であるファイルサーバやBoxなどに加え、TeamsやOneDriveも同時に全文検索できるようになるため、保管場所を気にせずに必要なファイルをすぐに探し出すことができる。

関連URL

「QuickSolution」活用Webセミナー

住友電工情報システム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス