1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 立命館大、次世代コミュニケーション基盤をクラウドで構築

2018年2月20日

立命館大、次世代コミュニケーション基盤をクラウドで構築

ソフトバンク・テクノロジーは19日、立命館大学がコミュニケーション基盤を「Microsoft Office 365」に移行したと発表した。

立命館大学は、スマートフォンやタブレットの普及、デバイスの多様化が進み、学生や教職員がメールシステムなどを使用する環境も大きく変化していることから、コミュニケーション基盤のクラウド化に踏み切った。

クラウドコミュニケーション基盤として、教員・職員・学生など異なる属性ごとにアクセス権限の管理が可能で、早期に多量アカウント発行・削除が可能な「Office 365」を採用。お知らせやスケジュール管理、ファイル管理などのシステムは「SharePoint」に統一した。

ソフトバンク・テクノロジーは、立命館大学の教育研究システムを運用するワールドビジネスセンター、事務システムを運用するクレオテックと連携して、同大学の職員からクラウド環境への移行を開始。

各附属校の教員・生徒、そして最後に同大学の教員・学生と移行を進め、約8万アカウントのメールシステムを移行した。

関連URL

立命館大学の事例詳細

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス