1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「マイナビ 2025年卒 大学生活動実態調査 (6月15日)」を発表

2024年6月25日

「マイナビ 2025年卒 大学生活動実態調査 (6月15日)」を発表

マイナビは21日、2025年卒業予定の大学生、大学院生に実施した、「マイナビ 2025年卒 大学生活動実態調査(6月15日)」の結果を発表した。



6月15日時点での内々定率は80.8%(前年比4.4pt増)。内々定保有者の社数は、1社保有している学生(32.1%)よりも3社以上保有している学生(39.9%)の方が7.8pt多かった。昨年は同程度(0.2pt差)だったが、今年は複数内々定を獲得している学生が増加している。



未内々定者に現在困っていることを聞いたところ、「面接を通過できない」が最多で41.5%。「将来やりたい仕事がわからない」(39.7%)、「学業との両立が難しい」(38.3%)が続いた。自由回答では、「不合格理由がわからない」、「やりたいことがわからない」などの声が挙がり、今後の活動に対する不安を感じている様子がうかがえる。



就職活動を終了する学生に現在の悩みや不安を聞いたところ、「漠然と社会人になることが不安である」(45.7%)が最多。次は「他の内々定者となじめるかどうか(34.9%)」で、就職後の新しい環境への不安を感じているようだ。


これまでの就職活動に対しての「納得感」を聞いたところ、納得できる就職活動ができていると回答した学生は74.3%。内々定率は8割を超え、複数内々定を獲得する学生も一定数いる中、多くの学生は現状に納得できているようだ。

調査概要
調査期間:6月10日(月)~6月15日(土)
調査方法:マイナビ2025の会員に対するWEBアンケート
調査対象:2025年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生
調査機関:自社調べ
有効回答数:3244名(文系男子632名 文系女子1275名 理系男子722名 理系女子615名)

「マイナビ 2025年卒 大学生活動実態調査 (6月15日)」

関連URL

マイナビ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス