1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 大分県教委/「第2回 教育情報化カンファレンスinおおいた」開催

2013年6月13日

大分県教委/「第2回 教育情報化カンファレンスinおおいた」開催

大分県教育委員会は5日、未来に生きる子どもたちに必要な教育を考え、その情報交換を目的として8月8日に「第2回教育情報化カンファレンスinおおいた」を開催すると発表した。

テーマは「『学習場面でのICT活用』-今ある環境で効果的な利用を考える-」と「『子どもたちの情報活用能力の育成』-1 人1 台端末での学習と情報モラル-」の2つ。

カンファレンスは基調講演が和歌山大学教育学部豊田充崇准教授の「子どもの学びとICT -学力としての情報活用力とは(仮)」(予定)と千葉県立袖ヶ浦高等学校 永野直教諭の「高校生全員に1人1台タブレットの教育実践について(仮)」(予定)となっている。

大分県教育委員会は2010年度から教育の情報化推進体制を強化し、学校教育の情報化を推進する総合的な企画調整を行ってきた。

2013年度は「大分県教育情報化推進戦略2013」を掲げ、学校の情報化推進体制を確立する取り組みを進めている。

開催要項

日 時:2013年8月8日(木)13時~   開場11時30分
会 場:コンパルホール 3階 多目的ホール
大分県大分市府内町1丁目5番38号
費 用:無料
対 象:大分県内外の教職員、市町村教育委員会、教育に携わる企業・団体、PTAなど
定 員:300名(先着順で締め切り)

関連URL

詳細
チラシ

問い合わせ先

大分県教育庁 教育財務課 情報化推進班
電 話:097-506-5464
watanabe-ritsuko@oen.ed.jp

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス