1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. デジタルアーツ/子どもと携帯電話の危険性学ぶ講習会 保護者の関心高く

2013年7月1日

デジタルアーツ/子どもと携帯電話の危険性学ぶ講習会 保護者の関心高く

デジタルアーツが講師を派遣した、子どもと携帯電話の危険性について学ぶ「携帯電話の基本講座」(千葉市子ども会育成連絡会主催、千葉市後援)が6月29日、千葉市の中央コミニティセンターで開かれた。

携帯電話の基本講座(千葉)

この講習会は子どもをネット社会の危険から守ろうと企画されたもので、小中学生の保護者約40人が参加。「インターネットの危険性とその対策」について、熱心に耳を傾けた。

前半では、スマートフォンの代表的な3つの危険性(①「出会い系被害」、②「個人情報漏えい被害」、③「高額請求被害」)について紹介。

知らない人とIDを交換する掲示板利用から起きる出会い系サイトへの勧誘被害や、SNSへの不用意な書き込みから個人情報を公開される被害、アイテム課金型のスマホゲームから生まれる高額請求被害について、その危険性や対策(SNSに個人情報をむやみに投稿しないなど)が語られ、「被害にあったら、隠さず速やかに関係機関に連絡を」と、参加者に呼びかけた。

後半は、デジタルアーツが開発した有害サイトフィルタリングブラウザー「i-フィルター for Android」を入れた端末を大画面で見ながら、有害サイトにブロックがかかる様子を体験。

インターネットの危険性とフィルタリングの必要性が語られ、有害情報を排除するフィルタリングソフトを使った子どもとインターネットとの上手な付き合い方が提案された。

i-フィルターのブロック画面

デジタルアーツ担当者は、「ネット環境は日々激変している。スマホにはスマホに合ったフィルタリングが必要。子どもと相談しながら「i-フィルター」を導入することで、新しい携帯電話の危険から子どもを守り、より快適なインターネットライフを体験してほしい」と呼びかけた。
「i-フィルター」は、有害サイトをブロックしたり、通話履歴や位置情報(7月上旬からサービス開始)などを親が遠隔管理でき、Wi-Fi通信にも対応するなどの特長がある。

全国の小中高大学校約26000校で、採用実績があるという。
現在、「i-フィルター for Andoroid」(15日間無料体験付き)は、年額3780円で登録することができる。
月額版(315円)もある。

関連リンク

年額版「i-フィルター」の詳細

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス