1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通/日本福祉大学の教育研究用情報環境を災害に備えて刷新

2013年7月3日

富士通/日本福祉大学の教育研究用情報環境を災害に備えて刷新

富士通は2日、日本福祉大学の教育研究用情報環境を刷新したと発表した。

地震などの災害に備え、パブリッククラウドサービス「FUJITSU Cloud IaaS Trusted Public S5 専用サービス」を活用し、全学メールシステムとホームページのバックアップシステムを、富士通の関東地域データセンターに構築した。

被災で東海地域のデータセンターが利用できない場合に、このシステムでの運用に切り替えれば、学生・教職員、保護者・家族、地域に向けた情報発信ができる。

新規にネットワークに接続するすべての機器を一元的に管理でき、パソコンやスマートフォン、タブレット端末の不正な接続を防止するIT機器管理システムも構築した。

日本福祉大学は、教育研究用情報環境のセキュリティを強化しながら、システム管理・運用負荷を大幅に軽減できるという。

関連URL

詳細

問い合わせ先

富士通 コンタクトライン
電 話:0120-933-200

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス