1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ベネッセ/ベネッセ×MITメディアラボ Tangiblockアプリコンテスト実施

2013年7月26日

ベネッセ/ベネッセ×MITメディアラボ Tangiblockアプリコンテスト実施

ベネッセコーポレーションの「こどもちゃんれんじ」は、開講25周年を記念して「MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ」の協力を得て、デジタルとアナログを融合してiPadと合わせて使う学習ブロック「Tangiblock(タンジブロック)」を開発した。

リリースにさきがけて全国のアプリ開発者・クリエイターを対象に「Tangiblock」のアプリ・アイデアを募るアプリコンテスト(Tangiblock Developer’s Program)を開催する。

コンテストは、幼児向けアプリ開発のノウハウや、アプリのアイデア着想法についての有名講師のセミナーを含み、参加者のスキルアップを支援することで、幼児向けアプリ市場の質の向上を目指す。

「Tangiblock」は、タブレットPCを利用した、デジタル時代の新たな幼児向け教材として、「こどもちゃれんじ」への導入を計画している。

アプリコンテスト概要

名 称:Tangiblock Developer’s Program
賞 金:総額70万円
参加募集期間:2013年7月29日(月)~2013年9月30日(月)
募集部門:
①アプリ部門
②企画部門
参加費用:税・送料込3万2500円
「Tangiblock」本体50個と、アプリ開発キット、10月セミナー、コンテスト参加費含み
申し込み

募集終了後スケジュール

10月27日(日)セミナー実施
11月中旬~12月末までに「Tangiblock」送付
2月25日アプリ応募 締め切り
4月19日結果発表(予定)。

関連URL

Tangiblock Developer’s Program

問い合わせ先

ベネッセコーポレーション こどもチャレンジ事業部 開発ユニット
03-5320-1214

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス