1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ACCESS/ベネッセの読書サービスにACCESSの「PUBLUS」が採用

2013年12月18日

ACCESS/ベネッセの読書サービスにACCESSの「PUBLUS」が採用

ACCESSは16日、電子出版ソリューション「PUBLUS」と電子書籍ビューワ「PUBLUS Reader」が、ベネッセの新読書サービス「ブクフレ」のタブレット向け電子書籍ストア「ブクフレ本」に採用されたと発表した。

「ブクフレ」

「PUBLUS」は、ビューワ、コンテンツ配信、売上管理システムなど、端末からサーバーシステムまでを包括的にサポートするEPUB(*1)準拠の電子出版ソリューション。

マルチプラットフォームに対応し、端末やOSに縛られずコンテンツの提供が可能。

ベネッセが提供する「ブクフレ」は、小学生から10代を対象にしているサービス。

「ブクフレ本」(タブレット専用)と「ブクフレWeb」(パソコン/タブレット用)の2種類のサービス形態があり、「ブクフレ本」に、「PUBLUS」が採用されたもの。

「ブクフレ本」では、児童書から古典、小説、サイエンス、ノンフィクションなどのジャンルを揃え、今後も順次タイトル数を拡大する予定。

「ブクフレ本 本棚」

書籍はすべてEPUBフォーマットで配信する。

「マイ本棚」機能を使えば、読んだ本をストックし、自分だけの本棚をつくれる。

また、読者がページごとに気持ちを残せる「気持ちボタン」を搭載し、「ブクフレWeb」の「読みトモ」機能と連動し、読書友だちと気持ちを共有できるなど、読書をより楽しめる仕組みを搭載した。

さらに、子どものリクエストで保護者が本を購入する「親子モード」機能も備える。

(*1)EPUBとは、電子書籍の規格の1つ。国際電子出版フォーラム (International Digital Publishing Forum, IDPF) の電子書籍用ファイル・フォーマット。

関連URL

「ブクフレ」
「ブクフレ」の動画 YouTube「ブクフレ」

問い合わせ先

ACCESS

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス