1. トップ
  2. データ・資料
  3. IPA/ネット上に公開した個人情報「友人や知人しか見ない」との回答が57.1%

2013年12月24日

IPA/ネット上に公開した個人情報「友人や知人しか見ない」との回答が57.1%

情報処理推進機構(IPA)は19日、情報セキュリティに関する対策情報の発信、普及啓発等の活動に役立てる目的で、インターネット利用者を対象とした「2013年度 情報セキュリティに対する意識調査」を実施し、報告書をIPAのWebで公開した。

それによると、ネット上に公開した情報は世界中から閲覧される可能性があるにもかかわらず、自分の個人情報をネット上に公開した経験者のうち、スマートデバイス利用者の57.1%が「友人や知人しか見ない」と回答。

ネットへの投稿経験者で悪意ある投稿の経験者は23.5%で、特に10代では「下品な言葉を含む内容」(19.5%)等の投稿経験が高いことが分かった。

また、違法にアップロードされたコンテンツをダウンロードすること(私的ダウンロード)について、2割以上が行う可能性があると回答。著作権法で私的ダウンロードが違法であるという認識が低い可能性があることが伺える。

自宅に無線LANを導入している利用者は、前回調査から約1.2倍に増加したものの、セキュリティ対策を「行っていない」が13.9%と3.8ポイント増加した。

調査概要

方 法:Webアンケート
対 象:13歳以上のPC、スマートデバイスのインターネット利用者
事前調査期間:2013年9月21日~9月28日(利用デバイスに関するスクリーニング調査)
本調査期間:
(1)2013年9月28日~9月30日(情報セキュリティの倫理に対する意識調査)
(2)2013年10月4日~10月6日(情報セキュリティの脅威に対する意識調査)
有効回答数:パソコン:5160名、スマートデバイス:2066名

問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター
isec-info@ipa.go.jp

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス