1. トップ
  2. ツール・教材
  3. チエル/授業支援プラットフォームをバージョンアップ

2015年3月5日

チエル/授業支援プラットフォームをバージョンアップ

チエルは5日、タブレット端末に対応した高校・大学向け授業支援プラットフォーム「CaLabo Bridge」をv2.0にバージョンアップし、出荷を開始した。

v2.0では、タブレット機能を大幅に追加・強化。また、従来のLMS基本機能を改良し、新たな授業支援プラットフォームとしてバージョンアップした。

教師がコースやアクティビティ登録といった事前準備を行い、授業中に学生がそれらにアクセスするというこれまでの操作方法に加え、新たに授業内で学生・教師がログインし、画面上のアイコンをクリックするだけでコースやアクティビティの利用が開始できる機能を追加。

また、授業の双方向性を高める4つの授業支援オプションを提供する。

オプションの1つ”座席表出席”は、教師から座席表を学生に配布し、出席を取る機能。 学生は配布された座席表で自分の着座した机をタップして出席を示し、出席結果はリアルタイムに教員側に反映される。

“クリッカー”は、教師が、授業中にアンケートを取るための機能。教師 は、選択肢等の最低限の入力項目を設定するだけで、すぐにアンケートを開始することができる。

“ファイル配布”は、教師から学生にファイルを配布する機能。教師用タブレットや、サーバーに事前にアップロードしておいたファイルを選択して、学生に配布できる。

“小テスト”は、教師が事前にサーバーに登録している問題を利用してテストが行える機能。単一、複数選択、○×形式、入力形式などのテストを実施できる。

基本パッケージソフトウェア利用料は年額95万400円。ソフトウェア保守料は年額23万7600円。オプションの提供価格はオープンとなっている。

関連URL

CaLabo Bridge

チエル

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • ドローンを活用したプログラミング教育の講師養成講座 受講者募集中 DRONE STAR Academy
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス