1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ジャパンシステム/自治体向けサイバー攻撃への対策力診断サービス提供

2015年7月29日

ジャパンシステム/自治体向けサイバー攻撃への対策力診断サービス提供

ジャパンシステムは28日、公共・自治体向けに、サイバー攻撃への対策力診断サービスの提供を開始した。

官公庁、地方自治体を対象に、標的型攻撃対策ソリューション「FireEye」の導入支援として、現在の攻撃状況を調査・診断し、レポートする「標的型攻撃対策力診断」のトライアルサービス。

トライアルでは、2週間程度、機器を設置し、最新の高度なサイバー攻撃がユーザーのクライアントPCまで到達するか、未知のマルウェアや各種脅威、不審な通信がないかを調査し、その攻撃状況をレポート。

費用は、1回に限り無償。受付期間は9月30日までとなっている。

関連URL

FireEye

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス