1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マクニカネットワークス、大分大に脅威対策ソリューションを提供

2017年6月16日

マクニカネットワークス、大分大に脅威対策ソリューションを提供

マクニカネットワークスは15日、大分大学へFireEye社(米国)が提供する次世代型脅威対策ソリューション「FireEye NX7500 Essential」を提供したと発表した。

 「FireEyeNX7500 E」導入構成イメージ

「FireEyeNX7500 E」導入構成イメージ

標的型攻撃の脅威が大きな話題になる中、大分大学ではメール経由の攻撃には対策を行ってきたが、Web 経由の攻撃にはファイアウォールのURL フィルター機能とPC のウィルスチェックで対処をしていた。しかし、教育機関に向けた高度なサイバー攻撃が増加・拡大している背景から、より高度なセキュリティ対策が必要と考え、サンドボックスの導入を検討し始めたという。

同大は、「FireEye」を3 つの観点から着目。1 つには、トラフィックをマルチに解析し、サイバー攻撃を高精度に把握・分析する独自の仮想実行エンジン(MVX)による総合的な検知力。2 つめは、不正な外部通信を自動ブロックすることで実現される運用の容易性。3 つめは、グローバル・日本国内での圧倒的な導入実績。

そこで、マクニカネットワークスが提供する検証機で3 週間の評価を実施した結果、学内で既存のセキュリティ対策をすり抜けた攻撃が多数検知され、バックドア通信が27 回も見つかったことから、その検知力とユーザインターフェースの容易な操作性を実証し、「FireEye」の採用に至った。

「FireEye」導入により、サンドボックスを回避するマルウェアも高精度に検出でき、キャンパスの学生約5700 名と、教職員約1900 名を対象とする大規模なネットワークを、少人数で効率的に監視・運用できるようになったという。

さらに、同大ではFireEye 社が提供する国公私立の教育機関(大学、大学院、高等学校、小中学校)を対象とした標準ライセンスより大幅に安価なアカデミックパッケージの適用で厳しい予算内での導入を実現した。

関連URL

導入事例の詳細

マクニカネットワークス FireEye

大分大学

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス