1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Aruba/米・フェアバンクス独立学区がアルバの無線ネットワーク導入

2015年8月7日

Aruba/米・フェアバンクス独立学区がアルバの無線ネットワーク導入

Aruba Networks, Inc., an HP Company(Aruba)は4日、米国テキサス州ヒューストンのサイプレス・フェアバンクス独立学区(CFISD)がアルバネットワークスのギガビット無線ネットワークを導入し、21世紀型のK-12教育への取り組みを支援していくことを発表した。

CFISDはテキサス州で3番目に大きく、全米でも23番目の規模を持つ独立学区。

Arubaの802.11acソリューションとClearPassポリシー管理プラットフォームを活用して、学区内の11万3000人を超える生徒と1万4000人の教職員を対象にBYOT(Bring Your Own Technology)ポリシーの導入を図っていく計画だという。

CFISDのビジョンは、個々の生徒の持つ可能性を最大限に高め、グローバルなリーダーを育てることであり、その実践のため、学区内のすべての学校や教室に適切なテクノロジーを導入配備する必要があると考えていた。

現在、学区内では1対多で対応するデバイス戦略を進めており、生徒や教職員は今後、各自の私有デバイスを校内に持ち込んで使用できるようになるとしている。

問い合わせ先

アルバネットワークス

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス