1. トップ
  2. ツール・教材
  3. イーコミュニケーション/単語学習アプリ「Memory」β版でドイツ語学習も可能に

2015年10月5日

イーコミュニケーション/単語学習アプリ「Memory」β版でドイツ語学習も可能に

イーコミュニケーションは、ネイティブの音とイメージを中心に記憶していくフラッシュカード形式の無料単語学習アプリ「Memory」β版を、5日からドイツ語の学習にも対応させた。

Memoryでのドイツ語の学習イメージ

Memoryでのドイツ語の学習イメージ

「Memory」は、ネイティブの音声とイメージで、単語やフレーズを記憶していく単語学習アプリ。

収録語数は、アメリカ英語、イギリス英語、ドイツ語あわせて2万7千語で、すべてにネイティブの音声と例文、イラストを用意している。

英検、TOEIC、TOEFL、ドイツ語検定などの試験科目や、ビジネス用語、人名、日常会話、基本単語など50以上のカテゴリがある。

今回提供を開始したドイツ語学習では、試験対策、ビジネス、日常会話など20以上のカテゴリから、7千語の学習が行える。

関連URL

単語学習アプリ「Memory」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス