1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すらら/”どれだけ努力したか”を競う「すららカップ」 1月から開催

2015年12月21日

すらら/”どれだけ努力したか”を競う「すららカップ」 1月から開催

すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の利用者が努力量を競う大会「すららカップ」を、2016年1月1日から2月29日にかけて開催する。

キャプチャ今回で11回目を迎える「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく、「すらら」での総学習時間や総学習量といった努力指標を競う大会。

従来の偏差値や成績ではなく、「すらら」に残る学習時間や学習量から、子どもの努力を正当に評価するのが大会の狙い。

今大会では、「21世紀型スキル」の総合的な向上に取り組む。

具体的には、チーム対抗部門で、目標学習時間の設定、学習計画の設計、進捗管理、結果の振り返りや、次の行動改善をチームで行う。

さらに、小学生ユーザのみを対象とした小学生ランキングを新設。定期テストや受験がなく中高生に比べて、勉強のモチベーションを保ちにくい小学生に学習を促し、学習習慣の定着を図る。

上位入賞者には、iPad mini2や時計、バッグなどの商品が用意されている。

概要

実施期間:2016年1月1日(金)~2月29日(月)
最終結果発表:2016年3月予定
科  目:英語・数学(算数)・国語
範  囲:小4~高3の履修範囲
開催部門: 個人部門(総学習時間・クリアユニット数の全国上位各20名) /小学生ランキング(小学生ユーザの、総学習時間の全国上位3名) /チャレンジW30賞(ひと月30時間以上を2カ月連続で達成、もしくは、期間中毎日1ユニット以上の学習を達成のいずれかに該当した全ユーザ)/チーム対抗部門(3名1組によるチームの、総学習時間・クリアユニットの全国上位各20チーム)

関連URL

すらら

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス