1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「すららカップ」の学習時間ランキングで岡山の小学生チームが優勝

2016年3月11日

「すららカップ」の学習時間ランキングで岡山の小学生チームが優勝

すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の利用者が努力量を競う大会「すららカップ」を1月1日から2月29日まで開催し、その結果を10日に発表した。

「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく「総学習時間」や「総学習量」などの努力指標で、学年やエリアを問わず全ての「すらら」利用者同士が競い合う大会。

今回の「すららカップ」では、小学生高学年版を2015年3月に提供開始以降、小学生の受講が増加していることもあり、小学生が個人学習時間ランキング入賞者の1/4を占めるなど小学生の活躍が目立ったという。

学習時間ランキングでは、歩夢学舎日進駅前校(愛知県)の小学6年生が3連覇を達成した。

また、新設の小学生ランキング(総学習時間における小学生の全国上位3名)では、入賞者3名とも、期間中200時間以上の学習をしており、これは1日3時間以上の学習を2ヵ月間毎日継続した計算になるという。

チーム対抗部門の学習時間ランキングでは、メンバー全員が小学生のチーム「SSSS!」(西田学習指導塾・岡山県)が優勝。各自、毎日2時間半以上のペースで学習したことになる。

問い合わせ先

すららネット

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス