1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2015年タブレット出荷台数見込みは253万台

2016年2月1日

2015年タブレット出荷台数見込みは253万台

IDC Japanは1月28日、国内タブレットソリューション市場の予測を発表した。

国内タブレットソリューション市場 売上額予測: 2014年~2019年これによると、法人向け全体のタブレット出荷台数は2015年に253万台を見込み、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、12.2%になると予測している。

また、2015年のタブレットソリューションの売上額は、1兆1974億円となる見込み。2014年~2019年のCAGRは13.8%とみている。売上額を初期投資と年間運用費に分けると、2015年の初期投資額は2649億円、年間運用費は9325億円になると見込んでいる。

国内タブレットソリューション市場を7つの産業分野(金融、製造、小売、医療/福祉、サービス、教育、その他)に分けてみると、2019年売上で最も大きなシェアを占める産業分野は「金融」、2014年~2019年の売上額のCAGRが最も大きな産業分野は「医療/福祉」になるとみている。

なお、タブレットソリューションの売上額、初期投資、年間運用費には、タブレットソリューションに関連するすべてのハードウェア、ソフトウェア、サービスを含んでいる。

関連URL

IDC Japan

問い合わせ先

IDC Japan

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス