1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 箕面市とotta 市内全小中学生の見守りサービス実証実験

2016年2月5日

箕面市とotta 市内全小中学生の見守りサービス実証実験

箕面市とottaは4日、子どもが安心して外出できるよう、市内の全ての小中学生約1万1000人を対象にした「見守りサービス実証実験」を共同で実施するため、協定書を締結した。

実証実験で使用する見守りサービスは、ottaが開発したもので、学校、公共施設、商店街や家庭に設置された固定の検知端末や、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンが、見守り対象者の持つ小型端末が発信するビーコン信号を検知し、保護者などに位置を通知するというもの。

ottaの見守りサービス

ottaの見守りサービス

実証実験では、2016年4月1日~2017年3月31日にかけて、大規模導入・運用時の検出精度やシステムの安定性の確認、スマホ向け「見守りアプリ」の効果的な普及方法などの実証検証を行う。

3月下旬に検知ポイント、見守りアプリをインストールしたスマートフォン約500台を全市立小中学校や公共施設、コミュニティバスなどに設置。

4月に入学式で小中学校の新1年生に小型発信機を配布する。

小学2年生以上、中学2年生以上には、6月~7月頃に小型発信機を配布。また、高齢者への配布も順次実施する。

なお、市内の全小中学生に小型発信機を配布し、学校やコミュニティバスなど市全域でBluetoothを使った見守りサービスを展開するのは、全国初の試みだという。

関連URL

箕面市

otta

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス